通信機器は賢く使う

海外用のwifi機器やトランシーバーなどの通信機器はレンタルするなどして賢く使うことが大切です。また月々のスマホ料金もビッグローブSIMなどの格安SIMを利用して、できるだけお得に利用するといいでしょう。

海外wifiをレンタルするときのポイント

利用料金をチェック

オーストラリアなど海外に行くときに海外用wifiをレンタルする上でまず重要になってくるのが料金です。利用料金は利用する日数で決まってくることがほとんどです。基本的な利用料に加えオプション機能を利用する場合はオプション機能の料金も確認するようにしましょう。

保障内容をチェック

いくら料金が安くても補償内容が充実していないと安心して利用することはできません。wifi機器は小さくて失くしやすいものですし、破損したり水没したりしてしまいやすいものです。そういった万が一の場合の補償内容もしっかりと確認しておくといいでしょう。

手数料をチェック

料金をチェックするときは各種手数料もチェックしておきましょう。料金が安くても手数料が高いと意味がありません。手数料が安くなったり無料になったりするようなキャンペーンが行われていることもあります。

バッテリーをチェック

海外用wifiを快適に利用したいと思ったらバッテリーに関してもきちんと確認しておかなければいけません。wifi機器の連続起動時間などを確認しておきましょう。業者によっては予備のバッテリーを貸し出してくれるところもあります。

企業情報をチェック

料金や機器の詳細を確認することと同様に、レンタルを行っている会社の情報もしっかりと確認しなければいけません。インターネット上に上がっている評判や口コミなどの情報を上手く活用するといいでしょう。

wifiスポットが多い国ランキング

no.1

韓国

1位にはIT大国の韓国がランクイン。韓国のwifiスポットは187000箇所ほどと言われています。これは国土から考えるとかなり驚異的な数字で、どれだけ充実しているかがわかりますね。韓国は通信速度でも世界1位と言われています。

no.2

イギリス

日本よりもインターネット環境が充実しているイギリスのwifiスポット数は1位の韓国に若干及ばない182000箇所ほど。カフェなどの多い都市権にはフリーwifiスポットがたくさんあり、観光客はもちろん現地の人も利用しています。

no.3

アメリカ

3位にはアメリカがランクイン。韓国やイギリスには劣りますが137000箇所とかなり充実していると言えます。通信の速度こそ日本より劣ってしまいますが、wifiスポットに関してはアメリカの方が圧倒的に多いようです。アメリカは国土がかなり広いのでその分wifiスポットがたくさん必要というところも関係しているようです。

no.4

中国

4位には中国がランクイン。中国のwifiスポット数は104000箇所となっています。急激な経済の発展と同様にインターネット環境の整備も急激に進化してきているようです。

no.5

フランス

5位にはフランスがランクイン。フランスのwifiスポット数は35000箇所程度。4位の中国から一気に減ってしまった感じはありますが、国土の大きさから考えると充実していると言えますね。ちなみに日本のwifiスポットが15000箇所ほどなので倍以上になります。

[PR]

格安スマホに乗り換えたいならビッグローブSIMがオススメ♪
メリット・デメリットを徹底解剖!

海外のwifi事情が知りたい

レディ

wifiのことが知りたい

そもそもwifiとは何なのでしょうか。wifiはパソコンなどの通信機器を無線でインターネット環境に接続するための技術です。この技術を利用できるようにするためには専用のルーターが必要になります。

何ができるの?

今までパソコンなどの通信機器をインターネット環境に接続する場合LANケーブルと呼ばれるケーブルを使用する必要がありました。ですがwifiを利用すれば無線で接続できるようになるため、電波の届く範囲内であればどこにいてもインターネットを楽しむことができるようになります。

広告募集中